世田谷・町田・練馬で外壁塗装するならイーグル建創外壁塗装

機能水の1つで、食塩などの電解質を添加し電気分解することで得られた水です。 陰極側からはアルカリ性を示すアルカリ性電解水が作られます。電極の陽極側からは塩素を含んだ酸性を示す酸性電解水が作られ、特徴によりさまざまな種類があります。
 菌が汚れの中に潜んでいる場合、通常の除菌剤では菌を覆っている汚れにガードされてしまい、充分な除菌効果を発揮することが出来ません。 アルカリ性電解水で細菌の温床や臭いのもとであるタンパク質や油脂汚れを分解洗浄。 酸性電解水で菌を除去します。

 

大腸菌[食中毒] 大腸菌O-157[食中毒] 緑膿菌[院内感染/眼疾患/下痢]
MRSA[院内感染] リステリア菌[食中毒] 溶血性連鎖球菌[院内感染]
セレウス菌[食中毒] サルモネラ菌[食中毒] 赤色酵母[水まわりの赤色着色菌]
レジオネラ菌[肺炎] 腸炎ビブリオ[食中毒] 黄色ブドウ球菌[食中毒]

 

 これらの食中毒の原因となる病原菌などを強酸性電解水が分解します。

強酸性電解水に含まれる次亜塩素酸が高い除菌効果を発揮し、洗濯しながら除菌します。
 ◆スーパーマーケット
 
食品売場のフロア・陳列棚・お客様カート・エスカレーター・手摺などを、電解水をスプレー詰めで使用すれば隅々まで除菌。加工室のキッチンまわりも通常の水同様に使用可能。 清掃しながら周囲の空気も除菌できます。
◆高齢者福祉施設
年齢と共に低下する免疫力。 O-157・サルモネラなど少数の菌でも感染・発症の危険性が高くなることは否めません。 衣類やシーツの洗濯や食器・食材・介護用品など施設全体を電解水の衛生力がカバーします。 また、来訪者・施設職員の手指洗浄まで行え、外部から菌の進入の予防対策にも使えます。
消毒液などの薬液ではない為安心して使用ができます。
◆商業施設
不特定多数の人が集うパブリックスペースにおいて、往来する人数の増加に比例し菌と接触する確率が高くなりますが、特定の保菌者を排除することは不可能です。その中で重要なことは 『常に清潔に保つこと』
電解水を使った清掃ならば洗浄・除菌効果が最大限発揮し、2度拭きがいらず手間も省ける効率のよい清掃が実現します。ホテル等の客室には、加湿器などを利用し除菌効果に加え、脱臭効果でにおいもすっきりします。
◆温浴施設
温度・湿度・汗など菌が好む環境にあるのが温浴施設です。
重症肺炎を引き起こし、死に至らせる危険性のあるレジオネラ症。 原因菌のレジオネラ属菌は温かく栄養素のある水が循環している設備の中において、高い繁殖力を示します。
このような設備では生物膜(ヌメリ)が発生しやすく、レジオネラ属菌はこのヌメリに生息するアメーバに寄生し増加するためです。 アルカリ性電解水で温床のヌメリを清掃し、酸性電解水で菌そのものを除去し浴室内から排水用配管まで隅々利用できます。タオルや足拭きマット、施設内衣類まで電解水を使った洗濯でしっかり除菌できます。
洗浄効果のアルカリ性電解水。 通常と比べて少ない洗剤量で洗濯を行うことができます。 その為、すすぎ工程が短縮され水道代が軽減されます。また、電解水は常温で充分効力が発揮する為、ボイラー燃料代も軽減されます。
環境面では電解水そのものは薬品を使用していない為、効果を発揮した後は効力・効能のない水になる為特殊な後処理なども必要なくそのまま排水することが可能です。
環境にやさしい水として、企業・団体における国際環境基準 ISO14001対応をサポートします。
平成18年 食中毒患者数の7割がノロウィルスによるものです。(厚労省統計)
今やノロウィルス対策は環境衛生の最重要事項と言っても過言ではありません。エタノール(消毒アルコール)や逆性石鹸の使用はほとんど効果がないとされています。
その中で厚労省からも推奨されているのが『次亜塩素酸ナトリウム』です。
酸性電解水にも塩素が次亜塩素酸という形で含まれ、酸性電解水は次亜塩素酸を主成分としています。
同じ塩素濃度であれば次亜塩素酸ナトリウム水溶液(塩素系洗濯剤・漂白剤)よりも強い除菌効果を示します。
【水】 【塩】 【電気】で作られた電解水は残留性も少なく安全に使えノロウィルス対策の一環として利用できます。
 
 >>マジックバイオくん >>まるごと飲むH2


お問い合わせ、ご相談はこちらから