世田谷・町田・練馬で外壁塗装するならイーグル建創外壁塗装

 

制震構造のいろいろ

 
 

 建物にサスペンション(ショックアブソーバー)を組込んで地震のエネルギーを吸収し熱エネルギーとして消費してしまおうというのが制震構造の考え方です。

現在主流の一般的な制震構造は、大半が壁の一部に制震装置を組込むものです。それなりに制震効果は期待できるものの、装置を設計通りに効かせる為には弱い(力が逃げる)部分を作らないことが絶対条件で、かつ制震装置を取り付ける部分の周囲はことに強化しなければならないこと、また設置位置の特定にも厳密な構造計算が必要となり、新築ではいいのですが、既存住宅の改修には向いていないといえます。

また大手ハウスメーカーの装置の大半は自社用に開発されているため、既存住宅の改修で使用できるものは限られています。

いずれにしても、耐震工法は従来の硬くして地震に抵抗するだけの耐震改修から地震の力を軟らかく逃がして建物への影響を小さくする制震改修へ確実に進化してきています。

今や、耐震改修か制震改修かではなく、制震改修の中で何を選ぶかという時代に入ったと言えるでしょう。

粘弾性体に地震の揺れを吸収させるタイプ
・制震テープ構造(イーグル建創の超制震リフォームで採用している工法)→

柱や梁と構造用合板の間に両面テープ状の粘弾性体を直接はさむ構造。一言で言えば、家全体を制震装置としてしまうという構造です。

大掛かりな装置も金物補強も必要なく、しかも他の制震工法に比べて大量の粘弾性体を使用できるため、ローコストで大きな効果が期待できます。

 ・一般的な制震構造(制震装置を設置する制震構造)

 

↑ 大手住宅メーカーM社「エムジオ」タイプ

↑ 汎用工法「GVA(ジーバ)」タイプ

 ※赤い色で塗りつぶした箇所が粘弾性体を使用している部分(制震構造の核)・赤丸は補強が必要な部分

・伝統的な在来軸組工法の改修用

 

←汎用工法「仕口ダンパー」

 

耐力壁がほとんどなく、柱と梁で出来ている伝統的な真壁(しんかべ)構造には向いていますが、現在主流の大壁式構造では施行箇所(=はがす壁)が多すぎてあまり実用的とはいえません。

 オイルダンパーに地震の揺れを吸収させる制震構造

←汎用工法「ハイブリッドM」



お問い合わせ、ご相談はこちらから