世田谷・町田・練馬で外壁塗装するならイーグル建創外壁塗装


施工の流れ

外壁塗装工事

足場立て


入念な塗装工程を確実に行う為には足場は不可欠です。また、足場を立てる事により、下からでは判らない傷みを発見できる 事や、養生シートを貼る事で隣家にご迷惑をかけずに施工できる事など、多くのメリットが生まれます。(生活道路に面していて足場を立てられない時は、高所 作業車を使用します)

養生 (マスキング)


塗装工程に入る前には、塗装しない部分に塗料がかからないよう入念な養生(マスキング)を行います。また大切なお車などにも塗料がかからないよう、シートをかけるなど、万全な対策を施してから工事に入ります。

劣化箇所の発見と補修


外壁部分の劣化は、塗装表面に起こるクラックや白化(チョーキング)などといった塗装剤自体の劣化と、金属建具や下屋根 などと外壁の取り合い部分のシーリング剤の劣化に大別されます。 これらは放置すると雨水の浸入によって躯体材自体の腐朽などを引き起こす事となり、遅れる程大きな工事が必要になってしまいます。当社では、必ず入念な点 検を行い、充分な補修をしてから塗装工程に入ります。

   サッシシーリング部分にクラック発見し補修。

 換気口のシーリングが劣化し脱落しかかっており、取り付け直してシーリング。  外壁とサンルームのアクリル屋根の取り合い部分のシーリングが劣化しており打ち直し。

高圧洗浄 



塗装剤の付着を完璧にするため、外壁面に付着した汚れを高圧洗浄により徹底的に洗い流します。この洗浄によって隠れていたクラックなどの劣化が見つかる事もあります。

下塗り・中塗り


 上塗り剤によって決められた下塗り剤・中塗り剤を決められた回数(決められた厚さになるまで)塗り重ねることにより、塗料の性能が万全に発揮されます。

上塗り


 上塗り剤も決められた回数決められた厚さになるまで入念に塗り重ねます。

タッチアップ


最後に塗装状況を細部にわたり点検し、塗り残し部があればタッチアップで最終仕上げを行います



お問い合わせ、ご相談はこちらから