小林 亮斗

AKITO
KOBAYASHI

2019年入社

小林 亮斗

施工管理部
サイディング課(株式会社NEXSUS)

自分の苦手や得意にとらわれずに
仕事に向き合うことができる方と
一緒に仕事をしていきたいです。

仕事や就職を考えるときに建築業界に入るというのはとても自然な成り行きでした。

私は父親が塗装職人をやっているため、幼いころから建築業界には親しみをもっていました。働いている父の姿、食卓で聞く仕事の話、父親の職人仲間との会話など日常生活の中で施工や建築に関わる物事であふれていましたし、私自身も父の現場で作業の手伝いを行ったことがあります。そのため、仕事や就職を考えるときに建築業界に入るというのはとても自然な成り行きでした。私の兄も同様に建築の仕事を希望し、他社ではありますが同じ施工管理を業務としています。高校卒業後に進学した専門学校では建築の基礎を学びました。就職を考える際に、建築に関するより実践的な知識や技術を身に着けるために様々な現場に立ち会うことができるリフォーム会社を希望し、イーグル建創へ入社しました。

実際に現場に出てみると職人さんとのコミュニケーションにつまづいてしまいました。

入社してからは業務に関することや社会人としてのマナー等一つ一つ学んでいきましたが、実際に現場に出てみると職人さんとのコミュニケーションにつまづいてしまいました。一つの工事にはお客様を中心に社内の複数の部署と工事を専任とする職人さんがかかわっています。その間の中で情報を橋渡しすることに苦労し、苦手意識を持つようになってしまいました。しかし、業務の中でお客様や職人さんからの「ありがとう」や「お疲れ様」などのふいにかけられる言葉はうれしく、苦手意識を持っていることはもったいないなと感じはじめ、笑顔を大切に少しでも明るくと意識することで、次第に硬さがなくなりコミュニケーションもうまく取れるようになりました。会話がスムーズにできるようになり関係性が築きあがると経験豊富な職人さんからは教えてもらえることも多く、一段と業務に自信がつきました。なかには、「今だから言うけど・・・」と改善点やお叱りを受けることも有りましたが、それも含めて成長だと思っています。
コミュニケーションが変わるとお客様とのお付き合いにも変化があり、工事内容に含まれていないことなどもお客様からお願いされることがあります。ちょっとした作業ではありますが、自分の手で施工したことが直接お客様の喜びにつながることは仕事の中でも一味違った満足感があります。

コミュニケーションに対する不安は仕事の喜びの中で克服していくことができることです。

入社を考えられる方の中には僕と同じくコミュニケーションに不安がある方もいると思いますが、それは仕事の喜びの中で克服していくことができることです。もちろん得意なことに越したことはありませんが、自分の苦手や得意にとらわれずに仕事に向き合うことができる方と一緒に仕事をしていきたいです。

小林 亮斗
小林 亮斗