町田本店開設のため、新しいスタッフを積極採用中!
スキルを磨いてステップアップできる環境です!

 
大地 樹朗

TATSURO
OCHI

2016年入社

大地 樹朗

リフォーム事業部 一般営業 大和支店

前職からかかわりのあったイーグル建創へ入社

FC町田ゼルビア運営のフットサル場からイーグル建創へ。

私は以前FC町田ゼルビアが運営するフットサル場で責任者として店舗運営を行っていました。ゼルビアと言えばイーグル建創がメインスポンサー(2018年まで)。毎年のユニフォームには胸にイーグル建創のロゴがあり、スクール生が練習後食事をするzelvia×kitchenもイーグル建創が建てたもの。また、フットサル場の修繕やバナー掲示などもイーグル建創の社員が行ってくれていました。そういったことから企業に対する親密性を感じていましたが、地域に根付いた経営に魅力を感じるようになりました。営業職は未経験ながら、努力やひたむきさで挑戦したいと思い入社することになりました。

初めて経験する営業職の仕事。

入社してからは初めての営業職で苦労しました。今までは「フットサルを楽しみに来たお客様」への接客だったので、目的や話題、求めていることなど初めから共通したものを持っていましたが、リフォーム営業は「リフォームに対して関心を持っていないお客様」にも営業をしなければいけません。その時に大切なのが、お客様が私自身にまず興味を持ってもらえるかということ。そしてその興味を信頼に変えてもらえるように、お客様のご要望に寄り添ったコミュニケーションをとること。これは前職で経験することができなかったことです。

役職や立場の垣根を超えたコミュニケ―ションに、救われる。

もちろんすぐには上手くいかず、初めは悩むことが多くありました。このまま頑張って行けるか少し不安に感じていたころ、社員が参加する会社行事で浅草に行く機会がありました。気持ちも少し重く、まだ気軽に話ができる知り合いもいなかったため一人でポツンと座っていたところ、横に下川社長(現会長)が突然現れ、私の方をポンポンと叩き、「大地、頑張れよ」と声をかけていただきました。そういったことでも心は晴れるものでどこか頑張れる思いがして、気づいたら入社6年目になりました。このような役職や立場の垣根を超えたコミュニケ―ションにはたびたび助けられ、先日も難しい案件を抱えていた私に川﨑社長から直接連絡があり、問題点や改善点のヒアリングとアドバイスをしてもらいました。着信があったときはドキッとしましたが、いい仕事のために会社全体で取り組もうとする風通しのよさを感じます。

新たな配属地で、さらなる地域貢献を目指して。

2021年10月から大和支店に配属となりました。自身が住んでいる土地のため地域貢献の気持ちは以前よりも強く業務に励んでいます。現在の上司の下、明確な役割分担が出来ているので成績も好調を維持することが出来ています。入社してから今まで、色々な経験や出会いがありました。それらひとつひとつに感謝の気落ちを持って取り組みことが出来たことが自分自身の成長につながったと思います。これからイーグル建創へ入社される方にはそういった感謝の気持ちを大切に笑顔で業務に取り組んでいただきたいと思います。

大地 樹朗
大地 樹朗

応募する

営業職の応募
施工管理部の応募