0120-67-1196

受付時間:10:00-17:30 ※土日祝日も営業

0120-67-1196

受付時間:10:00-17:30 ※土日祝日も営業

ブログBLOG

「一畳、一坪、一間?」住宅でよく聞く単位について

2019.9.28マメ知識

建築業界や不動産業界では日常では使用しない単位で大きさや長さを表現します。一寸や一尺といった単位は「尺貫法」と呼ばれる日本古来の度量衡のもので、古くから家づくりの基礎となっているものです。日本の住宅に住むうえでは欠かせない単位表現なので知っておくととても便利です。ホームセンターや家具屋さんで買い物をするときに「1820mm」や「303mm」といった中途半端な長さを目にすることがあると思います。現在主流のメートル法では違和感がありますが、この独特の長さは尺貫法の単位に由来するものです。そうとわかれば、意外とすんなりと納得できる数字ですし、日本の住宅に合わせるなら尺貫法のサイズに合っていないものは使いにくいという考え方もできます。ちょっとした10㎜や数mmにもしっかり意味はあったんですね。

建築用語で表す長さ

一寸法師って本当に小さかったんですね。また八丈島の島名もこういったところからとピンときますよね。八丈島の八丈は島のサイズではなく、島で古くから作られていた絹織物に由来します。八丈島の絹は年貢とされてきたほど有名で、その絹織物の長さが「八丈」なので、それが島名になったといいます。

建築用語で表す広さ

一畳×2で一坪というのは覚えやすいですね。ホームセンターなどで販売されているコンパネやダンプラなどもおおくは「3(尺)×6(尺)」の一畳サイズで「サブロク板」ともよばれています。また「畳」には京間や江戸間などの畳のサイズに違いがあります。同じ六畳でも基準によってはこんなにも大きさが違うんですね。

京間 (畳/縦 191.0cm× 横 95.5cm)6帖換算→10.9443㎡
中京間 (畳/縦 182.0cm× 横 91.0cm )6帖換算→9.9372㎡
江戸間(畳/縦 176.0cm× 横 87.8cm)6帖換算→9.2716㎡
団地間(畳/縦 170.0cm× 横 85.0cm)6帖換算→8.67㎡

1958年に計量法が制定されてからは、取引や証明に尺貫法を用いられることは禁止となっているため、不動産の購入や賃貸でも㎡で表されるようになっていますが、生活の中にある長さにはまだ生きている単位です。ちょっとしたときに気づくと「なるほど!」と思うこともありますので、是非見つけてみてください。

「もっと住宅を安全に」
株式会社イーグル建創
東京エリア:町田野津田・町田つくし野・町田小山・八王子・府中・東大和・世田谷・練馬・杉並
神奈川エリア:横浜都筑・横浜保土ケ谷・横浜青葉・横浜港南・大和・藤沢湘南台

一覧へ戻る

POPULAR POSTS

PAGE TOP