0120-67-1196

受付時間:10:00-17:30 ※土日祝日も営業

0120-67-1196

受付時間:10:00-17:30 ※土日祝日も営業

ブログBLOG

屋根工事の「種類と工程」について

2021.2.18リフォームのコト

屋根工事の「種類と工程」について

こんにちは!本日は弊社で行っている屋根工事の種類、工種についてお話いたします。屋根工事の工種は大きく次の4つに分類されます。一つ目が「塗装工事」、二つ目に「上葺(うわぶき)工事」、次に「葺替(ふきかえ)工事」、そして「葺直(ふきなおし)工事」の計4つです。上述のものは全体の補修工事名で、細かな補修や茅葺き屋根などの特殊な補修工事も含めるとさらに分類は増えますが、現在の一般的な屋根に行う補修工事として、屋根全体の補修方法からこの4つをこの記事では取り上げます。

まずはざっくりと屋根工事の分類ごとに特徴を見ていきましょう。
屋根工事の「種類と工程」について
上記図は屋根工事の種類についての簡単な説明です。一般的に考えられるメリットやデメリットも合わせて工事概要を説明しています。屋根工事は大きな工事ではありますが、構造部に手を加えるような工事ではないため、文章でもご理解いただけるような内容ではないかと思います。しかし、少しでも詳しく!ということで下記に図を用意しました。こちらは簡略化した図による工程イメージとなっています。あくまでもイメージですので実際の屋根の状況や施工会社によって工事内容に違いがあると思います。詳しい工程内容はまた別の記事を作成して工事ごとに掘り下げていきたいと思いますのでよろしくお願いいたします。


工程イメージ 塗装工事
屋根工事の「種類と工程」について
屋根工事の中でも簡単で安価な工事が塗装工事になります。劣化状況をよく調査し、必要な補修と塗料の選定を行って工事に入ります。重要な点は高圧洗浄機での水洗いによって屋根表面の汚れを落とすことと、縁切りといって塗料による屋根材の癒着を起こさないようにすることです。この2点によって工事の美しさとその後のトラブル発生率が左右されます。
縁切りについてはコチラ→「スレート屋根塗装時に大切な縁切りについて」

屋根工事の「種類と工程」について
続いて屋根の上葺工事です。こちらは近年「カバー工法」などとも呼ばれ、既存の屋根に対して新しい屋根材を重ねる工法です。撤去する屋根材は一部分のみなので、施工期間も短く、また廃材も少ないという点から環境にも優しいということができます。要点としては屋根を重ねることで屋根重量が増加してしまうという点です。こちらは避けることができない点ですが、カバー工法に用いられる屋根材はガルバリウム鋼板やジンカリウム鋼板といった軽量な金属製のものがほとんどです。金属屋根材はスレート屋根材に比べてわずか1/3の重量なので、重ねる屋根材の選択肢を間違わなければ重量のことを気にするほどのことではないでしょう。

屋根工事の「種類と工程」について
葺替工事は既存屋根材から新しい屋根材へ交換する工事です。上葺工事と違い完全に撤去することで時間とコストはかかりますが、より軽量な屋根を築くことが可能です。瓦屋根から軽量屋根への交換工事が多く行われ、重量を約1/6まで減少させることが可能です。地震などの災害に対して、リスク回避に葺替工事を選択するケースも多くあります。

屋根工事の「種類と工程」について
屋根葺直工事は上述の3つの工法とは毛色が違い、既存屋根材を取り外して下地の強化補修を行った後、再度設置する工事です。屋根材は瓦でもスレートでも行うことは可能ですが、スレート材は瓦に比べて耐久性が低く破損などを起こす(または起こしている)場合があるので、向いているとは言えません。瓦のように長い耐久年数があり、特徴的な美しさを持った屋根材に有効な工事となります。


以上4つの工事内容について簡単にご紹介いたしました。本記事の要点は以下の通りです。
屋根工事の「種類と工程」について
屋根に関しては話題が豊富なのでこれからはもっと詳しいこともお話していきたいと思います。これからもよろしくお願いいたします。

それでは、さようなら!

一覧へ戻る

RELATED POSTS

PAGE TOP